2019年09月29日

オオスズメバチの大量殺戮!

やられた~!

オオスズメバチの恐ろしさを目の当たりにした!

粘着シートで捕獲出来ていたし、ミツバチにも全く被害が出ていなかったので油断したな~!
CIMG3101


昼ごろ見に行ったら、3匹のオオスズメバチが攻撃をしていて、何と!巣門の前に死骸の山が出来ていた!(泣)
DSC_0700


ミツバチは巣の中に逃げ込めばいいのに、戦ってしまうので次々と返り討ちにされてしまう。

数時間のうちにこれだけの数がやられてしまったらしい。

話には聞いていたが、実際に体験するまではその恐ろしさを実感できなかった!

何と可哀そうなことをしたと、大ショック!

急遽何とかしなければと、手持ちの部材で対策を考える。

発泡スチロールの箱と隔王板を使って、防御ゲートを作ってみた。
DSC_0701


隔王板とは養蜂道具の1つで、働き蜂は通れるが身体の大きな女王蜂は通さない隙間で出来ているので、当然のことながらオオスズメバチは入ってこれない。

隔王板は切らずにそのまま使っている。


夕方になって外勤バチが戻って来たが、何かヘンテコリンな物があると右往左往!
CIMG3108

CIMG3109


狭い入口に苦労しながらも入り込んで行ったので、取りあえずは一安心。


しかし翌日、じっと観察していると、外に出ようとする気配が全くない!

このままで良いのだろうか?と葛藤の末、15時ごろ、オオスズメバチが来ていないのを確認して、ゲートを外して見た。

暫くは用心するように巣門前でじっと佇んでいたが、やがてブンブンと飛び回って、盛んに水場で水分補給をしていた。

これは初めて見る光景で、出るに出られず、のどの渇きを我慢していたのだろうか?

オオスズメバチは怖いけど、ミツバチのためにはこのゲートは問題があるのか不安になって来た。

それとも、慣れれば出入りしてくれるのだろうか?

いずれにしても、これ以上被害者が出ないことを祈る。


second_life7505 at 13:46│Comments (0)clip!趣味の養蜂  

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
最新記事