2018年12月09日

山中城跡を散策

今日は会社時代の同期4人で熱海で忘年会。

宿に向かう前に、箱根から三島へ下る国道一号線沿いにある山中城跡を散策した。
CIMG2523

この案内図は要注意で、”現在地”から見て左右が逆になっている。
CIMG2508

天地を逆にすると正しい方向を示していて、近くで作業をしていた人から教えてもらわなければ間違った方向に行ってしまったことだろう。何で間違いを放置しているのか・・・!
CIMG2508


山中城は、戦国時代末期の天文年間から永禄年間(1530~1560年頃)、小田原に本城をおいた後北条氏によって番城(城主を置かない城)として築城され、石を使わない土だけの山城は全国的にも非常に珍しいとのこと。

天正18年(1590年)3月29日、6万7千の豊臣軍の総攻撃をうけ、4千の北条勢は必死に防戦したが、鉄砲と圧倒的兵力の前にわずか半日で落城したと伝えられている。

堀の形が特徴的で、堀の中に土手状の畝を掘り残して区画し、上から見ると障子や田畑の畝のように見えることから「障子堀」や「畝堀」と呼ばれる。
CIMG2510

この案内図は要注意である!
CIMG2512

CIMG2513

CIMG2514

CIMG2516

CIMG2517

CIMG2518

CIMG2519

CIMG2521


城からの展望はよく開け、西櫓からは御殿場・裾野方面が、岱崎出丸からは伊豆北部と駿東の大半を一望のもとに見渡すことができる。
CIMG2515

CIMG2522


広くて良く整備されていて、身近な所にこんな隠れた名所があったとは・・・!

一見の価値あり、である!



second_life7505 at 14:27│Comments (0)clip!旅行  

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
最新記事